確実な防音のスタジオの設置について

img

防音のスタジオの設置を検討されていませんか?

防音スタジオの設置の注意点

Topics

http://www.sokei.ac.jp/

http://www.kankyospace.com/

防音のスタジオを作る場合は、多くのことに気を付けなければなりません。工事の種類は、そのスタジオを何のために使うかによって変わってきます。
レコーディングスタジオを作る場合は、外部に音や振動が漏れないようにすること、外部の音が入ってくることを防ぐことが必要となります。
近隣への騒音、外部からの騒音の侵入を極力無くし、さらに室内の音響を最適にする必要があるのです。

ダンススタジオでは、床への衝撃音への対策が必要です。ダンスでは床に直接衝撃を与えることが多いためです。防音設備を備えるとともに、防振床を用いなければなりません。さらに、防振設計は、ダンススタイルを考慮して行う必要があります。
最後のプライベートスタジオは、一番ご利用されたい方の多いスタジオだと考えられます。
ピアノやギター、ドラムやサックスなど様々な種類の楽器の使用が考えられ、それによって条件が変わってきます。思いっきり練習するためには、個々の楽器の特性に合った防音工事をする必要があります。

信頼のできる業者をしっかり見極めてください。

特定の防音工事に特化した業者からすべての防音工事ができる業者まで、様々な防音工事業者があります。さらには、専門の業者に頼まないと、近隣からのクレームにつながる場合があります。
現在、防音工事を確実に行うには、最初からしっかりと設計施行をするしかありません。信頼のできる業者をしっかりと見極めて、自分の納得のいくプライベートスタジオを作っていきましょう。